針状ダイヤモンド電極を使い、胃のpHをリアルタイムで測定

Advertisement

ダイヤモンドって聞いただけで、何やら高価な治療方法かなぁ、って思ってしまうのは私だけでしょうか?
慶應義塾大学理工学部の栄長泰明教授らは、同大学医学部の佐谷秀行教授らと共同で、針状に加工した導電性のダイヤモンドを電極として用いることで、胃内部の水素イオン濃度指数であるpHをリアルタイムで測定することに成功したそうなんで、ご紹介。

針状ダイヤモンド電極でpHの簡便な生体内測定に成功

JST 課題達成型基礎研究の一環として、慶應義塾大学 理工学部の栄長 泰明 教授らは、慶應義塾大学 医学部の佐谷 秀行 教授らと共同で、針状に加工した導電性のダイヤモンドを電極として用いることで、胃内部の水素イオン濃度指数であるpHを簡便にリアルタイムで測定することに成功しました。

pHの変化は、生体内のさまざまな生理学的状態や病理学的症状に影響を及ぼし、腫瘍組織でのpHの変化は腫瘍細胞の代謝の状態を反映することから、リアルタイムモニタリングが有用であると期待されています。しかし、従来のガラス電極では小型化が難しく壊れやすいなどの面があるため、簡便、迅速かつ高感度で、生体へのダメージが少ないpHモニタリングの方法が求められていました。

胃の機能として、「胃酸」の多い少ない、強い弱いが胃の症状に及ぼす影響はとてつもなく、大きいですよね。
素人の私でも、そう考えれば、リアルタイムでしかも簡便に、pHを測定できるってのは、胃炎や胃がん、あるいは胃酸が食道にまで逆流する逆流性食道炎、などの改善・研究に役立ちそうだとわかります。

今後のさらなる研究に期待ですね!

zu1

Advertisement

関連記事

Advertisement

年末年始を乗り切るために!弱った胃を薬でなくて食事でいたわろう!

年々忘年会がスタートするタイミングって早くなっている気がするんですが私だけでしょうか? 今年はなん

記事を読む

食道がんって有名人に多いけど、その主因と思われる共通点がありますね

歌舞伎俳優の第十八代中村勘三郎さんが食道がんを患っていることが発表されましたね。先日亡くなられた「ヒ

記事を読む

胃潰瘍の原因

胃潰瘍の症状を調べていると、できるだけ注意して避けたいと思うのが本音ですよね。 しかし、過酷な現代

記事を読む

ピロリ菌の除菌にリスクはあるのか?

萎縮性胃炎や胃がんの原因、と言われているヘリコバクター・ピロリ菌。 とっても悪いヤツ、

記事を読む

胃下垂・胃アトニ―対策に適した腹筋の鍛え方

胃下垂や胃アトニ―には、腹筋運動や逆立ちが有効と聞いたことがあります。 でも、症状の現れやすい

記事を読む

胃炎と胃潰瘍の違いとは?

消化器内科の先生でも、「胃炎の重いの」とか「軽い胃潰瘍」とかって言い回しをする、と聞いたことがありま

記事を読む

逆流性食道炎の悪化を防ぐには?

逆流性食道炎の症状は、意外と気づきにくいものです。 胃の不快感に近い症状がでたり、あるいは似たよう

記事を読む

胃下垂・胃アトニーなら、腹筋を鍛えるといいかも

痩せていて、食生活もそれほど荒れていないのに、常に胃の調子が悪い人ってたまにいませんか? 「食

記事を読む

[まとめ]2012年たくさん読んでもらったエントリ・ベスト10を発表!

昨年9月にスタートしましたこのブログですが、アクセス数が増えたのは今年になってからなんですよね。

記事を読む

胃の病気対策で一番気をつけること

ホントに当たり前のことなんですけど、胃は口と直結してます。 なので胃の病気となると手術が必要となる

記事を読む

Advertisement

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Advertisement

【舌に口内炎】激痛に耐えられなかったんだけど「口内炎パッチ大正A」が最強だった件

胃の調子が悪い方って「口内炎」を発症するケース多いのではないで

パッケージが新しくなってますます「効きそう!」な明治のLG21ヨーグルト

明治プロビオヨーグルトLG21といえば、ピロリ菌に効果があると言わ

二日酔いの朝、食欲がわかないけれど、朝食は食べるべきでしょうか?

呑めば呑むほど、飲んでいるときは楽しいのに、翌朝ものすごい後悔して

生活習慣病予防だけでなく胃にも優しい「ベジファースト」いいね!

懐石料理でも、フレンチやイタリアンでもはじめに出てくる「前菜」系っ

胃に効く食べ物|かぼちゃ

トマトやなす、きゅうりといった夏野菜の季節になってきましたねー!で

→もっと見る

Advertisement

PAGE TOP ↑