逆流性食道炎の悪化を防ぐには?

Advertisement

逆流性食道炎の症状は、意外と気づきにくいものです。
胃の不快感に近い症状がでたり、あるいは似たような胸の痛みが狭心症や心筋梗塞と言った消化器ではない臓器の病気だったりする場合もあるので、同じ症状が続くような早めに病院に行った方がよいかもしれません。
悪化すると大変なことになるので。

バレット食道は日本でも増加の兆し

バレット食道とは、食道の粘膜の表面にある「扁平上皮」という組織が変質して、胃の粘膜に似た「円柱上皮」という組織に置き換えられてしまう病気。これは、胃の内容物が逆流し続けることで起こると考えられています。
いわば、逆流性食道炎の合併症とも言えるのが、バレット食道なのです。
欧米では、バレット食道が食道がんにつながる危険性があると考えられています。日本人では、今のところ食道がんとの関係ははっきり分かっていませんが、日本人の食生活の欧米化に伴い、逆流性食道炎の患者が増えてきたことを考えると、欧米人に近いバレット食道が増えていくことが懸念されています。

食道がんにならないためにも

逆流性食道炎やバレット食道には、必ず原因があります。生活習慣を改善することで症状を防ぐことができるのであれば、それが一番です。
それが難しいのであれば、病院での治療を受けましょう。
もっとも悪影響を及ぼすのは、逆流する胃酸です。これを抑えるために、プロトンポンプ阻害薬やH2ブロッカーなどの胃酸分泌抑制剤が一般的のようです。
あるいは胃の蠕動運動を促す機能促進剤・また症状を和らげるための粘膜保護剤などの、複数の薬を併用するケースが多いようです。

Advertisement

関連記事

Advertisement

ピロリ菌の除菌をするには

検査の結果、ピロリ菌に感染していた場合どうすればよいのでしょうか? ピロリ菌感染という事実は、細菌

記事を読む

萎縮性胃炎が悪化すると・・・知っておきたい萎縮性胃炎の怖さ

「怖さ」って書くとなんだか脅しているようで恐縮なのですが、できれば私もそうはなりたくないので、書いて

記事を読む

逆流性食道炎の症状

患部が胃ではないのですが、胃酸によって炎症が起こる病気に「逆流性食道炎」があります。 その症状から

記事を読む

周辺にて感染性胃腸炎続発!ノロウイルス・ロタウイルスにご注意を!

週間天気予報を見ると、関東地方もいつ梅雨入り宣言されてもおかしくないような空模様になってきましたね。

記事を読む

胃の病気対策で一番気をつけること

ホントに当たり前のことなんですけど、胃は口と直結してます。 なので胃の病気となると手術が必要となる

記事を読む

【舌に口内炎】激痛に耐えられなかったんだけど「口内炎パッチ大正A」が最強だった件

胃の調子が悪い方って「口内炎」を発症するケース多いのではないでしょうか? 私の場合、年

記事を読む

最新鋭の胃カメラの先端は直径5ミリ台・しかも・・・

胃の症状は、病名をなかなか特定できませんよね。そういった意味で胃カメラ(上部消化器内視鏡検査)は非常

記事を読む

寝る前に食べない

お腹いっぱい食べて、ウトウトしてしまうことってありますよね。 お腹が満たされると、心も満たされるら

記事を読む

逆流性食道炎と食道裂孔ヘルニア

横隔膜って、どこにあるかわかりますか? 肋骨の下あたり、胸と腹の境にある筋肉の板とも言うべき部分で

記事を読む

牛乳は胃に効く食品なのか?

お酒に呑む前に牛乳を飲むと、胃に膜ができて悪酔いしない、とか二日酔いにならないとかって話聞いたことあ

記事を読む

Advertisement

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Advertisement

【舌に口内炎】激痛に耐えられなかったんだけど「口内炎パッチ大正A」が最強だった件

胃の調子が悪い方って「口内炎」を発症するケース多いのではないで・・・

パッケージが新しくなってますます「効きそう!」な明治のLG21ヨーグルト

明治プロビオヨーグルトLG21といえば、ピロリ菌に効果があると言わ・・・

二日酔いの朝、食欲がわかないけれど、朝食は食べるべきでしょうか?

呑めば呑むほど、飲んでいるときは楽しいのに、翌朝ものすごい後悔して・・・

生活習慣病予防だけでなく胃にも優しい「ベジファースト」いいね!

懐石料理でも、フレンチやイタリアンでもはじめに出てくる「前菜」系っ・・・

胃に効く食べ物|かぼちゃ

トマトやなす、きゅうりといった夏野菜の季節になってきましたねー!で・・・

→もっと見る

Advertisement

PAGE TOP ↑