年末年始を乗り切るために!弱った胃を薬でなくて食事でいたわろう!

Advertisement

年々忘年会がスタートするタイミングって早くなっている気がするんですが私だけでしょうか?
今年はなんと11月4日から忘年会に参加している私ですが、回数は人並み以下ながら、すでに新年会のお誘いもチラホラ。

胃薬で胃を奮い立たせるのも場合によっては必要ですが、お酒は断れないにしても、食べ物は少し胃に「栄養」を与えてあげられるものをチョイスしてみてはいかがでしょうか?

飲み会に出てくる食事は胃への負担がヘビー級

ちょっと想像しただけでも、忘年会や新年会と言った「お酒の席」の食べ物って、胃への負担を大きいですよね。

唐揚げやフライドポテト、フライなどの揚げ物

「胃もたれ」ってTwitterで検索すると、だいたい脂っこい食べ物によって引き起こされている方が多いようです。

ビールのお供の唐揚げやフライドポテト、ピザや焼き鳥、お酒の席の〆のラーメンなどなど、思い出しただけでお酒が進みそうな反面、二日酔いや胃もたれで苦しんでいるときには、ちょっと拒絶反応が起きそうなこれらの食べ物。
忘年会や新年会でも出されると、ついつい食べてしまいますよねー。

香辛料を多めに使ったもの

基本的に味つけが濃いめの食事が多いのが、お酒の席。
しっかりと味つけされていても、ついつい七味唐辛子をかけてしまったり、スパイスの類が好きな方も要注意。
ある一定量までなら、胃酸の分泌を促したり、食欲を増進させる効果があるのですが、それによって食べ過ぎてしまっては本末転倒ですね。

胃に牛乳で膜をつくる、ウコンが肝臓のはたらきを高めるって話も…

お酒の席の直前にヘパリーゼ
とかウコンの力スーパーとか飲む習慣がある人多いと思います。
(私も気合入れ!のために、結構飲みますけど…)
あるいは、牛乳で胃に膜をつくったほうが酔いにくいなどの諸説がお酒の席にはつきものですよね。

けれど、実際にどれほど効果があるかというと、???どうやら明確なデータはないみたいですね。

胃薬に頼ったり、直前準備で乗り切ろう!という安易な考え方ではなく、むしろお酒を飲んだ後や、酒席が続くこのシーズン、胃に栄養を与えて乗り切るって考え方のほうが正当な気がしますがいかがでしょうか?

弱った胃には胃を助ける食品を意識して摂取してみましょ

胃もたれや胃痛が起こる原因は、胃が本来の役割を果たせなくなってしまっているから。
胃酸が適度に分泌され、蠕動運動し、かつ胃壁を胃酸から守るという機能のどれもが必要不可欠。
ならば、それに必要な栄養素をいつもより多く摂取してみましょう。

粘膜を強化し、再生させるビタミンA

胃の内壁、とも言うべき粘膜を強化してくれるビタミンAは、レバーやうなぎ後は子どもたちが食べてる肝油とかに多く含まれています。
野菜にはβカロテンの状態で含まれており、ホウレンソウやニンジンなどの緑黄色野菜に含まれていますね。

お酒の席でも肉ばかりでなく、野菜も食べましょう!

胃の粘膜の再生を促してくれるビタミンE

アーモンドや落花生、青魚などに多く含まれるビタミンEは、毛細血管の血流をよくすると言われ、胃の粘膜の再生をも促してくれます。
そのほかヒマワリ油などの油脂類やタラコなどの魚卵、青魚にも多く含まれています。

粘膜の新陳代謝を促すビタミンU

キャベツが胃に有効、って話は以前にも書きましたよね。

キャベツに含まれるビタミンU(S-メチルメチオニン)は、胃酸の分泌を抑え、胃粘膜の修復を助けて胃潰瘍を防止する効果があり、揚げ物に千切りキャベツ、って理にかなっているんですよね。

キャベツの他にもアブラナ科の野菜、レタス、セロリ、アスパラガス、パセリ、卵、牛乳、青のりなどにも含まれています。

ネバネバが胃の粘膜保護となるムチン

ムチンが多く含まれる山芋のこと、以前書きましたね。

胃壁の粘膜を保護し、タンパク質を効率よく消化・吸収させる働きがあり、オクラ・里芋・モロヘイヤにも多く含まれます。

消化を助けてくれるアミラーゼ(ジアスターゼ)

前述の山芋にも含まれていますが、アミラーゼが多く含まれる食品で代表的なのは大根でしょうね。

アミラーゼは比較的熱に弱いので、この時期おいしいですけど「おでん」よりは、大根おろしのほうが胃には効果的かも、です。
ラディッシュやモヤシにもアミラーゼ含まれているようです。

ってことで、弱った胃にオススメのレシピは「ポトフ」かな

potofu
冷えたビールを飲み過ぎた寒い夜なんて、胃を暖めることも重要ですね。
前述のとおり、肉や魚にも弱った胃に効く栄養価の高い食品はたくさんあるようですが、それを摂るために脂っこい食事なら逆効果ですよね。となると、やっぱりたくさん野菜が食べられる暖かいレシピと言えば、ポトフなんていかがでしょうか?

後はトンカツについてくる千切りキャベツ、焼肉にはモヤシ、ハンバーグや唐揚げには和風だれで大根おろし、というようにお酒の席で肉を食べるときにも意識して野菜を合わせて食べることですねー。
お酒の量も、もちろんほどほどにおいしく年の瀬を楽しみましょう!

Advertisement

関連記事

Advertisement

針状ダイヤモンド電極を使い、胃のpHをリアルタイムで測定

ダイヤモンドって聞いただけで、何やら高価な治療方法かなぁ、って思ってしまうのは私だけでしょうか?

記事を読む

萎縮性胃炎と診断されたら(1)

40歳を過ぎたあたりから、「昔より肉食べられなくなった」と言う人多い気がします。 勝手に味覚の変化

記事を読む

胃に効く食べ物|トマト

昔トマトは「野菜か?果物か?」との質問に答えられなかったことがありますが、実際どっちなんでしょうか?

記事を読む

胃薬の選び方(3)病院で処方される胃薬

医師の意見を聞いてから出なければ、迂闊に胃薬なんて飲めない!という人もいらっしゃるかと思います。

記事を読む

胃の病気対策で一番気をつけること

ホントに当たり前のことなんですけど、胃は口と直結してます。 なので胃の病気となると手術が必要となる

記事を読む

胃下垂・胃アトニーなら、腹筋を鍛えるといいかも

痩せていて、食生活もそれほど荒れていないのに、常に胃の調子が悪い人ってたまにいませんか? 「食

記事を読む

胃もたれって一体何?

「胃が少しもたれているなぁ」と、みぞおちとへその中間あたり、ちょっと左側に手を当ててしまうことってあ

記事を読む

逆流性食道炎の悪化を防ぐには?

逆流性食道炎の症状は、意外と気づきにくいものです。 胃の不快感に近い症状がでたり、あるいは似たよう

記事を読む

製薬会社の胃薬紹介ってわかりやすい?ガスター10の第一三共ヘルスケアの場合

Twitterなどで胃の不快感、つぶやいている人が飲んでいる胃薬って何が一番多いんだろう?と調べてお

記事を読む

胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効く?アロエと胃の病気

火傷や傷口、虫刺されに庭に植えられたアロエを切って、塗ったことありませんか? 「万能の薬草」とか「

記事を読む

Advertisement

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Advertisement

【舌に口内炎】激痛に耐えられなかったんだけど「口内炎パッチ大正A」が最強だった件

胃の調子が悪い方って「口内炎」を発症するケース多いのではないで・・・

パッケージが新しくなってますます「効きそう!」な明治のLG21ヨーグルト

明治プロビオヨーグルトLG21といえば、ピロリ菌に効果があると言わ・・・

二日酔いの朝、食欲がわかないけれど、朝食は食べるべきでしょうか?

呑めば呑むほど、飲んでいるときは楽しいのに、翌朝ものすごい後悔して・・・

生活習慣病予防だけでなく胃にも優しい「ベジファースト」いいね!

懐石料理でも、フレンチやイタリアンでもはじめに出てくる「前菜」系っ・・・

胃に効く食べ物|かぼちゃ

トマトやなす、きゅうりといった夏野菜の季節になってきましたねー!で・・・

→もっと見る

Advertisement

PAGE TOP ↑